ビジネスプレゼンテーションとお国柄

 

英訳・和訳の翻訳サービス

株式会社ケースクエアが運営する英訳・和訳の専門サイト
株式会社ケースクエア Group
 
HOME 料金システム ご注文の流れ 無料お見積り
 

英訳・和訳の翻訳サービス HOME > 海外ビジネス体験談コラム

 
「高品質」「迅速」「低価格」  | 専門性の高い英訳・和訳にも完全対応
 
お電話でもメールでもすぐに無料でお見積り致します。素早い対応が好評です!!
 
無料お見積りフォーム
03-3705-4161
 
平日(月-金)9時-18時  上記時間帯以外、FAXは050 -3588 -8587にお掛け下さい。(24時間対応)
 
総合受付メールアドレス
 
 
英訳・和訳の翻訳サービス会社概要
プライバシーポリシーについて
 
 
 

ビジネスプレゼンテーションとお国柄

 

◇◇◇◇ 海外ビジネス体験談コラム ◇◇◇◇

ビジネスプレゼンテーションとお国柄

●ビジネスをするに当たって、相手(お客様、社内の上司、同僚、部下、取引先等)に自分の考えを分かってもらい、 了解を得る事は、恐らく仕事の中で最も大事な事でないでしょうか。国際ビジネスの場でも、殆ど毎日プレゼンテーションを行います。

●日本においては、”行間を読む”という言葉に表されているように、自分の考えを婉曲に伝え、相手もそれを意識して理解する、という伝統があります。

●島国文化に長年同じ民族が住んでいると、直接対決を避け、お互いの名誉を傷つけない工夫が、その民族の平和を保つ為に必要だったのでしょう。 さらに農耕社会ですと、移住という習慣がありませんでした。村の中で恥をかかされると、一家夜逃げをする事になってしまいます。それを避けるための、知恵でもあったようです。

●一方、大陸文化に目を向けると、かなり違います。大陸文化の基本は狩猟民族文化ですから、常に移動が原則です。獲物を追って東西南北動き回ります。 従って小集団で全員が動く事から、違った考えの他の小集団に何時も出会います。

●そこで、如何にコミュニケーションをとるか、が大きな問題となり、それに失敗すると、闘いになりました。それを避けるためには、 共通の原語でお互いを理解するか、相手の原語を理解する事です。同時に自分の考えを分かりやすい表現方法で、相手に伝え、理解させ、納得させることが必然となったのです。

●ここにプレゼンテーションの基本があります。プレゼンテーションとは、文化の違った相手に、相手の分かる言葉で、自分の考えを分からせ、納得してもらう事です。

●国際ビジネスにおける、うまいプレゼンテーションを考える時には、この原則を常に頭に於いてください。大事な心得です。

●その為には、1)相手と同じ言葉をつかう。その為に自分の言葉の定義をはっきりさせる。2)相手に伝えたいポイントから、始める。前振りは短くし、ポイントを伝えた後、 後振りとして説明する。3)必ず最初にプレゼン内容のアジェンダ(目次、流れ)を説明し相手の頭の中を整理してもらう。 それにより、相手の理解度が増す 4)最後に、そのプレゼンテーションで相手に何を分かって貰いたいのか、 又判断が必要なら、何の判断をしてほしいかを明記する。などがコツになります。皆さんが、日常プレゼンテーションをする時、以上の事を頭に於いているでしょうか。

●PCの発達で、パワーポイントを使う方も多いでしょう。でもプレゼンテ-ションの原則は、相手に分からせたい、という自分の気持ち、迫力です。 これを忘れないで下さい。他人が作ったきれいな資料を、原稿を見ながらの説明では、伝わりません。

●バックアップ資料の無い講演も、1つのプレゼンテーションです。手書きの紙を示しながらの説明もそうです。 黒板、ホワイトボードに書きながらの説明も同じです。大企業でパワーポイントをあまりに皆が使う時は、 嗜好を変えて、ボードに手書き(学校の先生の様に)でやると、いつも以上の効果があります。

●国際ビジネスの場に話を絞ると、アメリカ人のプレゼンテーションは、一般的に上手いですね。これは文化です。時間が経つのを忘れ、聞き入ってしまう、プレゼンテーションを何度も聞いています。

●アジア人は、反対にうまくありません。日本人もアジア人です。その要因の1つは前記した、農耕民族文化にあるでしょう。以前香港でビジネスをしていた時です。 この香港チャイニーズのプレゼンはうまいと感じたので、ミーティングの後にその事を彼に伝えたところ、 実は大学はアメリカのスタンフォードビジネススクール出身であった、という体験もありました。

●アラブ人、インド人などもその点はアジア人と同じです。彼らは商売熱心だし、その情熱(少しでも自分に有利になる様にねばる)にはもの凄い物がありますが、 合理的に説明して相手を説得するプレゼンは、あまり上手くありません。アラブ人は農耕民族ではありませんが、広い砂漠に対し小集団で旅してきたので、 他集団と会う機会が少なく、コミュニケーションを図る文化が発達しなかった為でしょうか。

●一方、ヨーロッパ人は国によります。ただ一般的に、文字が多いプレゼンテーションがおおく、ひどいのになると読みの原稿と同じ内容を見せられることがあり、 それではプレゼンテーションでなく、原稿を相手にみせている、に過ぎなくなります。比較的上手いのは(私の経験では)、 英国人、スウェーデン人、などの北ヨーロッパ系の国民ではないでしょうか。

●この様に各国民族文化が出るプレゼンテーションですが、その技術はともかく、自分の考えを伝えたいという情熱と、誰に対してのプレゼンテーションか (自己満足に陥らない事)を常に意識して行えば殆どの場合は上手くいきます。皆さんも、頑張ってください。

◇◇◇◇◇◇◇◇  →次のコラムへ

 
 
英語⇔日本語翻訳(和文英訳・英文和訳)お取り扱い分野の一例

ほとんどの分野の翻訳が可能です。まずは無料お見積りからお気軽にお問い合わせ下さい。

医学医療医薬外科・内科薬学製薬看護学心理学歯科・歯学論文技術契約書代理店契約書・リーガルビジネス税務ITwebソフトウェア・ローカライゼーションコンピュータハードウェアマニュアルカタログパンフレット科学化学エネルギー・環境建築土木法律法学・法務・法令特許金融財務会計証券電気・電機電子スピーチ原稿料理メニュー出版音楽観光工業食品映像工業用語バイオ学会論文スポーツ不動産IR文芸会社法・約款・定款・コンプライアンス工業機械技術経済漫画投資手紙冶具憲法ロイヤリティー動画歌詞旅行通信地震研究情報絵本戸籍謄本生物仕事文章日本語 英訳和文英訳英訳サイト英訳英訳・和訳、英文校正、その他

 
無料お見積りフォーム
 
 
このページのトップへ
 
HOME料金システムご注文の流れ無料お見積り
英訳・和訳の翻訳サービス会社概要プライバシーポリシーについてサイトマップ
英語翻訳について翻訳者インタビュー一般常識コラム海外ビジネス体験談コラム翻訳者便り過去の翻訳実績他英語翻訳者募集
 
 
Copyright(c) 英訳・和訳の翻訳サービス. All rights reserved.