論文 英訳 翻訳例 2

 

英訳・和訳の翻訳サービス

株式会社ケースクエアが運営する英訳・和訳の専門サイト
株式会社ケースクエア Group
 
HOME 料金システム ご注文の流れ 無料お見積り
 

HOME > 論文 英訳 翻訳例 2

 
「高品質」「迅速」「低価格」  | 専門性の高い英訳・和訳にも完全対応
 
お電話でもメールでもすぐに無料でお見積り致します。素早い対応が好評です!!
 
無料お見積りフォーム
03-3705-4161
 
平日(月-金)9時-18時  上記時間帯以外、FAXは050 -3588 -8587にお掛け下さい。(24時間対応)
 
総合受付メールアドレス
 
 
英訳・和訳の翻訳サービス会社概要
プライバシーポリシーについて
 
 
 

論文 英訳 翻訳例 2

 

論文関連の翻訳(英訳・和訳)を高品質で提供します。

◆過去実績の中からその一部を紹介します。守秘義務の為、お客様名は公開しておりません。

 

●日本語原文

上記のような変化は、現代の葬儀そのもののありかたに大きく影響を及ぼしている。僧侶をはじめとする宗教職能者が主宰し、寺院において挙行される伝統的な葬儀の割合は急速に少なくなっている。それに代わって、たとえば「家族葬」の名によって、僧侶に依頼せず、あるいは、ごく少数の近親者だけで葬儀を行なう例が都市部では決してめずらしくなくなってきた。さらに最近では、「直葬」と称して、葬儀をせず、火葬場に遺体をそのまま持ち込む形式もふえている。東京の郊外などでは、そのような直葬が全体の三〇パーセント近くになっているというデータもある。明らかに、葬送儀礼の脱宗教化が起こっているのである。
こうした動きの背景としては、市民団体である「葬送の自由をすすめる会」が、「墓からの自由」を理念にかかげ、通常の墓地への埋葬ではなく、海や山への散骨を積極的に推進してきた経緯がある。
こうした葬送儀礼の脱宗教化がもたらした現象として注目されるのが「手元供養」であるが、それについては後述する。
 また、そのように宗教色の希薄な葬送習俗を象徴するのが、現在通常の葬儀で読まれる弔辞の内容であろう。死者の親しい友人が、死者の遺影を前にして読み上げる日本に特徴的な弔辞において、次のようなメッセージが死者に向けて語られる。苦しみや悩みの多いこの世から解放されて、穏やかに、そして静かに休んでください、私も間もなくそちらに行きますから、待っていてください、と。そこでは、死が決して人と人とを永遠に分かつものではなく、「つかの間の別れ」にすぎないのだということが、端的に主張されている。このように、死別を「つかの間の別れ」として再解釈し、その苦しみを緩和しようとする試みは、必ずしも目新しいものではない。

●英訳文

Changes such as the above greatly affect the form itself of modern funerals. The proportion of traditional funerals held at temples presided over by those of religious vocation including priests, is rapidly decreasing. In urban areas it is not rare that, for example, with the name of “family funeral” and without the aid of a priest, funerals take place attended only by a small number of close relatives. Furthermore, recently “direct funerals” are on the increase. At “direct funerals”, the funeral service is dispensed with and the deceased is taken directly to the crematorium. In the suburbs of Tokyo and such areas, data exists showing that this kind of funeral counts for almost 30% of all funerals. It is clear that the secularization of customs for funerals is taking place.
 As a backdrop to such trends, the citizen’s group “Association for the Promotion of Liberty in Funerals” has the philosophy of “freedom from the grave” and the position of having actively promoted the scattering of ashes in the sea or on mountains rather than a normal burial in a graveyard.
The most noticeable phenomenon brought about by the secularization of such funeral rites is the “at-hand memorial service”. However, this will be covered later.
 Further, that which represents such customs for funerals lacking in religious atmosphere is probably the contents of the messages of condolence that are read at current ordinary funerals. In the typical Japanese memorial address, close friends of the deceased recite messages such as the following in front of a portrait of the deceased. ‘Now that you have been released from this world full of pain and anguish, please rest calmly and peacefully’, ‘I’ll be with you soon, please wait for me’. Accordingly, this plainly emphasizes that death is not seen as a permanent separation between people but only as a “brief separation”. In this way, endeavoring to soothe grief by re-interpreting separation by death as a “brief separation” is not necessarily a novelty.

 →論文の翻訳(英訳・和訳)indexへ戻る

 
 
英語⇔日本語翻訳(和文英訳・英文和訳)お取り扱い分野の一例

ほとんどの分野の翻訳が可能です。まずは無料お見積りからお気軽にお問い合わせ下さい。

医学医療医薬外科・内科薬学製薬看護学心理学歯科・歯学論文技術契約書代理店契約書・リーガルビジネス税務ITwebソフトウェア・ローカライゼーションコンピュータハードウェアマニュアルカタログパンフレット科学化学エネルギー・環境建築土木法律法学・法務・法令特許金融財務会計証券電気・電機電子スピーチ原稿料理メニュー出版音楽観光工業食品映像工業用語バイオ学会論文スポーツ不動産IR文芸会社法・約款・定款・コンプライアンス工業機械技術経済漫画投資手紙冶具憲法ロイヤリティー動画歌詞旅行通信地震研究情報絵本戸籍謄本生物仕事文章日本語 英訳和文英訳英訳サイト英訳英訳・和訳、英文校正、その他

 
無料お見積りフォーム
 
 
このページのトップへ
 
HOME料金システムご注文の流れ無料お見積り
英訳・和訳の翻訳サービス会社概要プライバシーポリシーについてサイトマップ
英語翻訳について翻訳者インタビュー一般常識コラム海外ビジネス体験談コラム翻訳者便り過去の翻訳実績他英語翻訳者募集
 
 
Copyright(c) 英訳・和訳の翻訳サービス. All rights reserved.