論文 英訳 翻訳例 3

 

英訳・和訳の翻訳サービス

株式会社ケースクエアが運営する英訳・和訳の専門サイト
株式会社ケースクエア Group
 
HOME 料金システム ご注文の流れ 無料お見積り
 

HOME > 論文 英訳 翻訳例 3

 
「高品質」「迅速」「低価格」  | 専門性の高い英訳・和訳にも完全対応
 
お電話でもメールでもすぐに無料でお見積り致します。素早い対応が好評です!!
 
無料お見積りフォーム
03-3705-4161
 
平日(月-金)9時-18時  上記時間帯以外、FAXは050 -3588 -8587にお掛け下さい。(24時間対応)
 
総合受付メールアドレス
 
 
英訳・和訳の翻訳サービス会社概要
プライバシーポリシーについて
 
 
 

論文 英訳 翻訳例 3

 

論文関連の翻訳(英訳・和訳)を高品質で提供します。

◆過去実績の中からその一部を紹介します。守秘義務の為、お客様名は公開しておりません。

 

●日本語原文

たしかにこれまでも、四十九日や一周忌を過ぎてもあえて納骨をせず、家庭内の仏壇にながく骨壺を置きつづける人がいなかったわけではない。ことに、伝統的に小型の骨壺がつかわれてきた関西圏では、そのような方法があまり違和感もなく許容されてきたと言える。しかし、最近にわかにメディアによっても紹介される機会のふえた手元供養の方式は、供養についての考えの根本において、これまでとは大きく異なっている。なぜならそれは、本来なら墓地や納骨堂に納めるべき骨壺を何らかの事情によって自宅に置いておくという消極的な行為ではなく、大切な死者の遺骨をいつまでも身近なところにとどめておくことによって、そこに新しい死者-生者の関係をつくりだそうとする積極的な行為であるからである。
たとえば二〇〇五年七月二日の朝日新聞によると、「大切な人を手元で供養 商品・情報の展示会」の見出しのもとで、手元供養協会主催の展示会の様子が紹介されている。そして、そのような手元供養の形式を受け入れる現代人の志向の変化について、記事は次のように解説する。
遺骨や遺灰で作ったペンダントや遺骨を入れた陶器の置物――。伝統的な家墓や仏壇に代わり、身近に故人をしのぶ「手元供養」が新たな供養方法として登場している。映画化されたヒット小説「世界の中心で、愛をさけぶ」で主人公が恋人の遺灰を持ち続けていたように、背景には遺骨・遺灰に対する考え方の変化があるようだ。
こうした手元供養関連グッズを直接商品化するのではない既存の墓苑・墓石業者や仏壇店でも、最近は大都市周辺の店舗や相談センターで積極的に手元供養の紹介と展示・販売を行なうようになっている。

●英訳文

At present, a new form of memorial service for the deceased called “At-hand memorial service” is showing convincing expansion. In this case, the ashes of the deceased are not placed in a crypt or grave as was done according to traditional conventions but are enshrined in the home providing a method for memorial at one’s fingertips.
It is true that, even in the past, there were people who intentionally did not lay the ashes of the deceased to rest after the forty-ninth day after death or the first anniversary of death, instead keeping the urn in the family Buddhist altar for a long time. Therefore, in the Kansai area that has traditionally used smaller urns, it can be said that this method is permitted and that there are no feelings of discomfort towards it. However, recently, all of a sudden, methods for “At-hand memorial” are being more frequently introduced by the media, and the foundation of thoughts on memorials is dramatically different from that of the past. This is not because the urn that should by all rights be placed in a grave or crypt is, for some reason, as a passive action, kept in the home, but it is because by keeping the ashes of the dear departed close, there is an active attempt to create a new relationship between the living and the deceased.
For example, in the July 2nd 2005 edition of The Asahi Shimbun, under the title of “Memorializing the Dear Departed At-hand ? An Exhibition of Information and Products”, an overview of the exhibition held by the Temoto-Kuyo (At-hand memorial) Association was introduced. This article explained the changes in the wishes of modern people who have accepted this form of at-hand memorial service as follows.
Pendants made from the ashes or bones of the deceased or ceramic ornaments that have the remains incorporated ――. Instead of traditional household graves or Buddhist altars, a new form of memorial, an “At-hand memorial” that commemorates the close departed, has come on to the market. Just as the main character of the hit novel “Sekai no Chuushin de Ai wo Sakebu” (“Cry out for Love at the Center of the World) that was made into a film always carried the ashes of his lover around with him, against this backdrop it seems that there are changes in thinking towards the ashes and bones of the deceased.
Even existing graveyard or tombstone businesses that do not directly commercialize such at-hand memorial goods have recently actively begun the display and sale of these goods in shops and consultation centers in large cities and their surrounding areas.

 →論文の翻訳(英訳・和訳)indexへ戻る

 
 
英語⇔日本語翻訳(和文英訳・英文和訳)お取り扱い分野の一例

ほとんどの分野の翻訳が可能です。まずは無料お見積りからお気軽にお問い合わせ下さい。

医学医療医薬外科・内科薬学製薬看護学心理学歯科・歯学論文技術契約書代理店契約書・リーガルビジネス税務ITwebソフトウェア・ローカライゼーションコンピュータハードウェアマニュアルカタログパンフレット科学化学エネルギー・環境建築土木法律法学・法務・法令特許金融財務会計証券電気・電機電子スピーチ原稿料理メニュー出版音楽観光工業食品映像工業用語バイオ学会論文スポーツ不動産IR文芸会社法・約款・定款・コンプライアンス工業機械技術経済漫画投資手紙冶具憲法ロイヤリティー動画歌詞旅行通信地震研究情報絵本戸籍謄本生物仕事文章日本語 英訳和文英訳英訳サイト英訳英訳・和訳、英文校正、その他

 
無料お見積りフォーム
 
 
このページのトップへ
 
HOME料金システムご注文の流れ無料お見積り
英訳・和訳の翻訳サービス会社概要プライバシーポリシーについてサイトマップ
英語翻訳について翻訳者インタビュー一般常識コラム海外ビジネス体験談コラム翻訳者便り過去の翻訳実績他英語翻訳者募集
 
 
Copyright(c) 英訳・和訳の翻訳サービス. All rights reserved.