論文 英訳 翻訳例 6

 

英訳・和訳の翻訳サービス

株式会社ケースクエアが運営する英訳・和訳の専門サイト
株式会社ケースクエア Group
 
HOME 料金システム ご注文の流れ 無料お見積り
 

HOME > 論文 英訳 翻訳例 6

 
「高品質」「迅速」「低価格」  | 専門性の高い英訳・和訳にも完全対応
 
お電話でもメールでもすぐに無料でお見積り致します。素早い対応が好評です!!
 
無料お見積りフォーム
03-3705-4161
 
平日(月-金)9時-18時  上記時間帯以外、FAXは050 -3588 -8587にお掛け下さい。(24時間対応)
 
総合受付メールアドレス
 
 
英訳・和訳の翻訳サービス会社概要
プライバシーポリシーについて
 
 
 

論文 英訳 翻訳例 6

 

論文関連の翻訳(英訳・和訳)を高品質で提供します。

◆過去実績の中からその一部を紹介します。守秘義務の為、お客様名は公開しておりません。

 

●日本語原文

それでは、これらの映画のなかで、どのような軍人が「立派」であるとされていたのだろうか。例えば『ハワイ・マレー沖海戦』のある場面はそれを説明している。
主人公の少年は訓練中の事故で友人が死んだことを悲しんでいる。彼に対して既に立派な軍人になっている青年が話しをする。その軍人は「おれが兵学校時代の話だ・・・」として話し始める。そこからはしばらく台詞が無く、背景に「海ゆかば」が流れる厳粛な雰囲気の中で、彼は祈りをささげている。そして彼は言う。

 一年、二年とおれは祈り続けた、第三学年のあるとき豁然と感ずるものがあった。自分は自分ではない。自分は無だ。自分のことごとくは、かしこくも大元帥陛下のためにささげ奉ったものである。と、腹のそこからはっきり悟ったのだ・・・それは日本人なら誰でもあるものだ。三千年も昔から脈々と流れてきた血だ。その血が大和魂だ。軍人精神だ。国民精神だ。

ここでは、「自分は無だ」と悟ることが必要であることが説かれている。自分が「無」であることを悟ることによって彼は「軍人精神」や「国民精神」と一体になることができた。ここでは、立派な軍人とは、死を嘆くのではなく、自らが無であることを悟り、死を覚悟することのできる人間のことである。そのことを示すように、この話をしたすぐ後に彼は、「おれはもうすぐ戦場へ行く、君と会うのはこれで最後になるだろう、だからこれだけは言っておきたかった」と述べる。

●英訳文

The youth who is the main character is grieving for a friend who died in a training accident. A young man who is already a fine soldier talks to him. This soldier begins by saying “This is a story of when I was at naval academy…”. After this there are no more lines for a while and in a grave mood with Umi Yukaba (a Japanese army song) playing in the background, he is saying his prayers. Then he says:

 I kept on praying for one year, for two years and in the 3rd year of school I sensed something all of a sudden. I wasn’t myself. I was nothing. Cleverly, I was entirely offered up for the sake of the honorable commander-in-chief. Then, I clearly understood it in my guts… that is what any Japanese person is. This is blood that has flowed in our veins for 3,000 years. This is the Japanese spirit. This is military spirit. This is the spirit of the population.

There is an explanation of why the necessity of understanding “I was nothing” here. By understanding that one is “nothing” he becomes one with “military spirit” and “the spirit of the population”. Here, a fine soldier is not a soldier who grieves death but one who personally understands that he is nothing and is a human being who can prepare himself for death. In order to indicate this, just after he has talked about this, he states: “I will soon be going into battle and this is probably the last time I will see you, so I really wanted to tell you what I have told you.”

 →論文の翻訳(英訳・和訳)indexへ戻る

 
 
英語⇔日本語翻訳(和文英訳・英文和訳)お取り扱い分野の一例

ほとんどの分野の翻訳が可能です。まずは無料お見積りからお気軽にお問い合わせ下さい。

医学医療医薬外科・内科薬学製薬看護学心理学歯科・歯学論文技術契約書代理店契約書・リーガルビジネス税務ITwebソフトウェア・ローカライゼーションコンピュータハードウェアマニュアルカタログパンフレット科学化学エネルギー・環境建築土木法律法学・法務・法令特許金融財務会計証券電気・電機電子スピーチ原稿料理メニュー出版音楽観光工業食品映像工業用語バイオ学会論文スポーツ不動産IR文芸会社法・約款・定款・コンプライアンス工業機械技術経済漫画投資手紙冶具憲法ロイヤリティー動画歌詞旅行通信地震研究情報絵本戸籍謄本生物仕事文章日本語 英訳和文英訳英訳サイト英訳英訳・和訳、英文校正、その他

 
無料お見積りフォーム
 
 
このページのトップへ
 
HOME料金システムご注文の流れ無料お見積り
英訳・和訳の翻訳サービス会社概要プライバシーポリシーについてサイトマップ
英語翻訳について翻訳者インタビュー一般常識コラム海外ビジネス体験談コラム翻訳者便り過去の翻訳実績他英語翻訳者募集
 
 
Copyright(c) 英訳・和訳の翻訳サービス. All rights reserved.