ディナータイムに見るお国柄

 

英訳・和訳の翻訳サービス

株式会社ケースクエアが運営する英訳・和訳の専門サイト
株式会社ケースクエア Group
 
HOME 料金システム ご注文の流れ 無料お見積り
 

HOME > 海外ビジネス体験談コラム

 
「高品質」「迅速」「低価格」  | 専門性の高い英訳・和訳にも完全対応
 
お電話でもメールでもすぐに無料でお見積り致します。素早い対応が好評です!!
 
無料お見積りフォーム
03-3705-4161
 
平日(月-金)9時-18時  上記時間帯以外、FAXは050 -3588 -8587にお掛け下さい。(24時間対応)
 
総合受付メールアドレス
 
 
英訳・和訳の翻訳サービス会社概要
プライバシーポリシーについて
 
 
 

ディナータイムに見るお国柄

 

◇◇◇◇ 海外ビジネス体験談コラム ◇◇◇◇

ディナータイムに見るお国柄

●スペインは世界で一番ディナータイムが遅い国でしょう。シエスタの習慣から昼はゆっくり休み、午後のエネルギーを充電して夕方から仕事に望むのですから、 当然夜まで仕事をし続けます。これは上で述べました。それに連れて、ディナーの時間もかなり遅くなります。

●ディナーを何時に始めるのか、という観点から、いろいろな国を見てみると、面白いことが分かります。それはその国の歴史、宗教、自然環境などが上手くミックスされて 、現在のその国の或いは国民の考え方のルーツが分かってくるのです。

●私の経験では、各国でディナーを始める時刻の平均は、以下のようです。

アメリカ  6時-7時
中南米各国 8時-9時(但しアルゼンチンは、10時頃)
イギリス  6時-7時
ドイツ   7時
オランダ  7時
イタリア  8時-9時
フランス  7時-8時
ロシア   7時-8時
中国    6時-7時
マレーシア 7時-8時
スペイン  10時-11時

●これを民族的に、大胆にまとめると、以下の様になります。

アングロサクソン系
  世界の民族の中では早くディナーを始め、夜は早く寝る。又食事時間も比較的短い。

ゲルマン系
アングロサクソン系とほぼ同じ。

中国・アジア系
日本もこの分類に入るが午後7時ごろから始め、45分から90分をディナーに使う。

ラテン系
一般にディナー開始は遅い。そして時間をかけてゆっくり食べる。夜が更けることを気にしない。

●ビジネスを行うにも、人間の3大欲求の1つである食欲を満たす食事の習慣を理解する事は重要です。国によっては、 その習慣を軽視した事から、ビジネス関係を険悪にしてしまう事もあります

●さて、スペインですが、おそらく世界の国の中で一番遅い時間にディナーを始めます。私の経験でも、 夜の9時か10時ごろまでオフィスで打ち合わせをし、それからレストランへ繰り出す、ことが当たり前です。

●レストランも早いところで8時、遅いところで9時オープンですが、その時間に行っても、 観光客がいる位で、店には活気がありません。活気を見せるのは10時過ぎからで、良いレストランでは着飾ったお客さんが一斉に入ってきます。

●そして12時から1時ごろまで、ワイワイガヤガヤ、これぞ人生の喜びと言わんばかりに食事を楽しみます。 もちろん、甘いデザートも必ず食べます。場合によっては、食後酒、葉巻などで締めくくります。

●この習慣になれていない我々にとっては、苦痛ですね。特に次の朝、早いフライトで移動がある時は、ディナーの最中に、 何時間寝れるのかな?と考えてしまいます。それでも、陽気なスペイン人とのビジネスを成功に導く為、楽しそうな顔をしてくださいね。


◇◇◇◇◇◇◇◇  →次のコラムへ

 
 
英語⇔日本語翻訳(和文英訳・英文和訳)お取り扱い分野の一例

ほとんどの分野の翻訳が可能です。まずは無料お見積りからお気軽にお問い合わせ下さい。

医学医療医薬外科・内科薬学製薬看護学心理学歯科・歯学論文技術契約書代理店契約書・リーガルビジネス税務ITwebソフトウェア・ローカライゼーションコンピュータハードウェアマニュアルカタログパンフレット科学化学エネルギー・環境建築土木法律法学・法務・法令特許金融財務会計証券電気・電機電子スピーチ原稿料理メニュー出版音楽観光工業食品映像工業用語バイオ学会論文スポーツ不動産IR文芸会社法・約款・定款・コンプライアンス工業機械技術経済漫画投資手紙冶具憲法ロイヤリティー動画歌詞旅行通信地震研究情報絵本戸籍謄本生物仕事文章日本語 英訳和文英訳英訳サイト英訳英訳・和訳、英文校正、その他

 
無料お見積りフォーム
 
 
このページのトップへ
 
HOME料金システムご注文の流れ無料お見積り
英訳・和訳の翻訳サービス会社概要プライバシーポリシーについてサイトマップ
英語翻訳について翻訳者インタビュー一般常識コラム海外ビジネス体験談コラム翻訳者便り過去の翻訳実績他英語翻訳者募集
 
 
Copyright(c) 英訳・和訳の翻訳サービス. All rights reserved.